ノウハウ

ノウハウ

在庫回転率の計算方法や活用方法を解説!~在庫回転率の基本~

在庫回転率の計算方法や活用方法を解説!~在庫回転率の基本~

在庫回転率とは

今回は在庫回転率について解説をしていきます。

在庫回転率はどれだけ在庫を効率的に回すことができたかを示す指標です。在庫回転率が高ければそれだけ効率よく在庫を回すことができていると判断できます。在庫回転率が低ければ在庫の量が変動しにくく、売れ行きが鈍化していることが把握できます。

在庫管理率はどのようにして計算して求めるのか、その活用方法や目安の数値を解説していきます。

自ら余剰在庫を意識し、在庫消化を促進させる
ツールをお探しでは
ありませんか?

・定価で販売できる商品を値引きしていないか

・アナログ作業による在庫管理で業務負担が大きくなっていないか

・値引きやクーポンの判断が担当者の勘や慣例頼みになっていないか

企業のEC運用担当者が継続的に、より簡単に「余剰在庫の最小化」の工夫を行うことができ、CV(コンバージョン)や目先の短期的な売上、値引きの施策のみに頼らない粗利最大化の支援を行うことができます。さらにCRMシステム「LTV-Lab」との連携により売れない理由を究明し、アクションにつなげます。是非詳しい機能や特徴をサービスページからご覧ください。

詳しい機能を見る

在庫回転率の計算方法

在庫回転率の求め方には2つの方法があります。1つは数量ベースで求める方法。もう一つは金額ベースで求める方法です。

1-数量ベースで求める方法

まずは数量ベースで求める方法から説明していきます

数量ベースで在庫回転率を求める場合に必要なデータは、在庫回転率を求めたい期間の商品の総出庫数と平均在庫数のデータです。

この平均在庫数というのは在庫回転率を求めたい期間の期首の在庫数と期末の在庫数を足して2で割れば求められます。

平均在庫数=(期首在庫数+期末在庫数)÷2

総出庫数と平均在庫数がわかったら総出庫数を平均在庫数で割れば在庫回転率が求められます。

総出庫数÷平均在庫数=在庫回転率(数量ベース)

在庫回転率の単位ですが回で表すことが多いです。在庫回転率が10回なら期間内に在庫を10 回すことができたという意味です。これは数字が大きければ大きいほど在庫を回すことができたということになり効率がいいと判断します。

2-金額ベースで求める方法

続いて金額ベースで在庫回転率を求める方法です。

必要なデータは在庫回転率を求めたい期間の売上原価と平均在庫金額のデータです。

ここで売上高を使う方法もありますが売上原価を使う方法がおすすめです。なぜかというと売上高の場合そこに利益が含まれるので、利益の分だけ在庫回転率がよく見えてしまい実体とかけ離れてしまうからです。

平均在庫金額は期首の在庫金額と期末の在庫金額を足して2で割れば求められます。

平均在庫金額=(期首在庫金額+期末在庫金額)÷2

そして数量ベースと同じように売上原価を平均在庫金額で割れば金額ベースでの在庫回転率を求めることができます。

売上原価÷平均在庫金額=在庫回転率(金額ベース)

在庫回転率の具体的な例

具体的な例を使って(数量ベース)(金額ベース)それぞれの在庫回転率を求めてみます。

まずは数量ベースです。商品の総出庫数が100個、平均在庫数が10個の場合の在庫回転率は10回です。

総出庫数100個÷平均在庫数10個=在庫回転率10回

次に金額ベースです。売上原価が50百万円、平均在庫金額2.5百万円だった場合の在庫回転率は20回です。

売上原価50百万円÷平均在庫金額2.5百万円=在庫回転率20回

在庫回転率の使い方

在庫回転率ですがどのような場合に使うといいでしょうか。

一般的には在庫回転率は資金繰りを改善するときの改善指標の一つとして使われることが多いです。

また、売れている商品と売れていない商品がわかるようになるので、仕入れを見直したり販売戦略の立て直しを考えたりできます。

在庫回転率の目安

今回は在庫に問題を抱えやすい小売業界を例にとって解説します。

小売業界は年間の在庫回転率の平均値は15-16回だと言われています。

そこで、在庫回転率が24回以上ある場合は優良とされます。年間で24回以上在庫が回転するということは月に平均2回以上は在庫が入れ替わっているということなので非常に効率がいいとされます。

23~12回の場合は標準的な水準です。

11~6回の場合は月の在庫の入れ替わりが1回に満たない=今月仕入れたり生産したりしたものが今月中にさばけないということなので注意が必要です。在庫回転率がこれぐらいの数値になっていたら何かしらの対策を考えた方がいいかと思われます。

5回以下の場合は不良在庫を抱えている可能性があります。一度棚卸をして在庫の整理をすることをお勧めします。

LTV-Zaikoは在庫全体の可視化が可能なツール

LTV-Zaikoを使うことによって今ある在庫を販売開始日からの経過日数と消化率を計測し、独自に定めた7象限に自動的に振り分けます。

これにより商品の好調・不調を分かりやすく可視化する子が可能で、余剰在庫も簡単に見つけることができるようになります。

SKU単位での商品登録設定もできるので、季節性の高い商品は早めの終売設定をしたり、定番商品は入荷ごとに閾値を設定し直したりできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は在庫回転率についてわかりやすく解説させていただきました。在庫回転率を正しく理解し、活用することで適正在庫数や優良・不良在庫を見分けることが可能です。

自ら余剰在庫を意識し、在庫消化を促進させる
ツールをお探しでは
ありませんか?

・定価で販売できる商品を値引きしていないか

・アナログ作業による在庫管理で業務負担が大きくなっていないか

・値引きやクーポンの判断が担当者の勘や慣例頼みになっていないか

企業のEC運用担当者が継続的に、より簡単に「余剰在庫の最小化」の工夫を行うことができ、CV(コンバージョン)や目先の短期的な売上、値引きの施策のみに頼らない粗利最大化の支援を行うことができます。さらにCRMシステム「LTV-Lab」との連携により売れない理由を究明し、アクションにつなげます。是非詳しい機能や特徴をサービスページからご覧ください。

詳しい機能を見る